技術情報
技術情報詳細

表面活性ゴム(ピュアスライム)焼結性ゴム(燃焼後形状保持)低伸長ゴム熱膨張スポンジゴム導電性ゴム形状記憶スポンジゴム

開発プロセス製造工程・設備

ユーザーから要求される機能、形状は多様です。使用する素材も、天然ゴム、クロロブレンゴム、シリコーンゴム、アクリルゴム、などいろいろあります。北星ゴム工業では、ゴム素材に対する深い知見と高度な加工技術を基盤として、つねに新しい工業用ゴムの開発、提案を行っています。ひとつの技術が画期的な製品の誕生をもたらす、いわば複合技術の確立です。こうした総合技術力の結集によって、市場ニーズに対応するだけでなく、先取りした高品質の工業用ゴム製品を可能にしています。

表面活性ゴム(ピュアスライム)
表面活性ゴム 自動車、住宅建材など多くの分野で使用されています。表面の滑り性(摺動性)向上、摩耗性改良、冬季の氷結性防止、こすれによる異音の発生を防止する、などの特徴があります。
〈素材〉
EPDM、CR、SR(シリコーンゴム)など

〈関連製品〉
ドアシールスポンジ、サンルーフ用ゴム、玄関ドア用ゴム、浴室ドア用ゴム
焼結性ゴム(燃焼後形状保持)
焼結性ゴム(燃焼後形状保持) 住宅やビルにおいて火災の際、窓枠ゴムが燃え、そのためにガラスが落下し、消火活動にあたっている人に当たり怪我をさせることがないよう、燃焼してもそのままの形を保ち、ガラスを保持し落下させないゴムです。
〈素材〉
CR

〈関連製品〉
住宅・ビル窓用ゴム
低伸長ゴム
低伸長ゴム 住宅外壁目地などで寒暖によるゴムの伸縮を小さくし目地の隙間の発生を防止したり、施工時に伸ばしにくいため目地材が経日で縮んで隙間が生じるのを防ぎ、雨の浸入を防止します。
〈素材〉
EPDM

〈関連製品〉
住宅用外壁目地ゴム
熱膨張スポンジゴム
熱膨張スポンジゴム 住宅やビルで火災が発生した際、300℃くらいから膨張し隙間を埋め、炎の通過を防ぎます。体積で約3倍に膨張し、難燃性もあります。また柔らかく、どんな隙間にもフィットし押し込むことが可能です。
〈素材〉
EPDM

〈関連製品〉
目地フサギゴム、シールスポンジ
導電性ゴム
導電性ゴム 一般にゴムは電気を通さないものと思われていますが、ソリッド・スポンジを問わず配合設計により導電性にすることが可能です。OAロールのような電荷を転写したりするものから、静電気を逃がす程度のものまであります。
〈素材〉
EPDM、ヒドリンゴム、SR(シリコーンゴム)

〈関連製品〉
OAロール、耐電防止ゴム
形状記憶スポンジゴム
形状記憶スポンジゴム 形状記憶スポンジで製造したチューブを曲がり加工し、金属パイプの形状にフィットした、スポンジプロテクタを成形可能です。比重が軽く断熱性が高いため、断熱・凍結対策として、多く使用されています。
〈素材〉
EPDM

〈関連製品〉
エンジン周りパイプの断熱材、給湯器のパイプ